2012年2月アーカイブ

VIBE SG E12 FBL近日発売!

DSC_0108.JPG

 

VIBE SG E12 FBLが、近日発売されます。
先日、各専門誌の取材を受けましたので、3月に発売される各誌に紹介されます。
気になる方はチェックのほど、宜しくお願いします。

掲載誌:
・RCファン4月号(3月4日発売)
・ラジコン技術4月号(3月10日発売)
・RCエアワールド4月号(3月10日発売)

 

VIBE SG E12 FBLの詳しい情報は下記ページをご覧ください。
組立キット(3軸ジャイロシステムTAGS01付)
組立キット(ジャイロレス)

 

DSC_0001.JPG

DSC_0077.JPG

DSC_0117.JPG

DSC_0039.JPG

DSC_0114.jpg

 

 

取材時に使用したメインローターは発売準備中のカーボンメインローター「XB710-FBL」。

90(E12)クラスのフライバーレス用としてテスト中です。(現時点では価格未定です)

DSC_0123.JPG

 

DSC_0112.JPG

VIBE SG E12 FBLの詳しい情報は下記ページをご覧ください。
組立キット(3軸ジャイロシステムTAGS01付)
組立キット(ジャイロレス)

 

s_DSC_0218.jpg

反響の大きいFBLローターヘッドに、新シリーズ「マルチローターヘッド」が近日登場します。

3軸ジャイロシステムTAGS01の制御能力を引き出す3枚ローターヘッドとして準備中。

50クラス/E8シリーズ用からの発売となりますが、もちろん90クラス/E12シリーズ用も展開予定です。

発売まで、今しばらくお待ちください。

 

s_DSC_0213.jpg

s_DSC_0243.jpg

s_DSC_0248.jpg

 

 ※写真は開発中のプロトタイプです。

ROTOR LIVE 2012

ヨーロッパで発売さているRCヘリ専門誌「ROTOR」が主催するビッグイベント「ROTOR LIVE 2012」が3月10日、11日に開催されます。

ドイツ・バーデンバーデンにある2500平方メートルある競馬場を貸し切って RCヘリのパフォーマンスや展示会などが行われる大規模なイベントです。

チームJRの国井伸也、伊藤寛規がJRを代表して参加しパフォーマンスを行います。

公式サイト

 

来る3月17日(土)に、JRのタイ代理店であるJR KING HOBBY主催による 第1回JR MEETING, BANGKOK, THAILAND が開催されます。

チームJRの国井伸也、伊藤寛規がJRを代表して参加し、華麗なデモフライトをタイの皆様にご披露致します。また、ファンの皆様との技術交流会も予定されており、国際交流を兼ねた素晴らしいファンミーティングになることを期待しております。

11日にまいど!関西ラジコン市を開催しました。
大阪で定期的に開催されている関西のモデラーの為のローカルな展示会ですが、本当にたくさんの方々にご来場頂き、終日にぎやかなで活気のある展示会となりました。
ご来場有り難うございました。

01 02 06

07 08 09

10 11 12

日曜日(5日)は思ったほど人が入らず、前日の土曜日盛況が嘘のようでした。色々と面白そうなものを取り留めも無く撮ったスナップですが、中には「いったいこれ何?」みたいなものも有ります。 それらも含めて掲載しましたのでご覧ください。 明日の月曜日でショーも終了です。 もうひと頑張りします!!.


第63回ニュルンベルク国際玩具見本市
International Toy Fair Nurnberg
開期 2012年2月1日-6日
開場 Messe(メッセ)
開催地 ニュールンベルグ(ドイツ)

公式ホームページ

 

01 02 03
04 05 06
07 08 09
10 11 12
13 14 18
15 16 17
19 20 21
22 23 24
25 26 27
28 29 30
31 32 33
34 35 36
37 38 39
40 41 42

やはり週末(土曜日)の来場者数は昨日に比べ相当増え、終日混雑しておりました。
JRのDMSS2.4GHzシステムがヨーロッパにおいて認知度を高める中、JRブースではXG6、XG8、XG11及び新型ジャイロについての問い合わせや、話題のワイドボルテージサーボに関する質問、また、海外向け専用NEX E6 FBLを含む充実のヘリコプターラインアップ等の展示によって、活気のある一日となりました。 今回のレポートでは、JRブースに来て頂きました方々のスナップ写真から、その一部を掲載させていた来ます。 また、次回レポートでは、展示会で見つけた興味のある製品の特集をお届けします。


第63回ニュルンベルク国際玩具見本市
International Toy Fair Nurnberg
開期 2012年2月1日-6日
開場 Messe(メッセ)
開催地 ニュールンベルグ(ドイツ)

公式ホームページ


tfn4_1 tfn4_2 tfn4_3

tfn4_4 tfn4_5 tfn4_6

tfn4_7 tfn4_8 tfn4_9

tfn4_10 tfn4_11 tfn4_12

tfn4_13 tfn4_14 tfn4_15

tfn4_16 tfn4_17 tfn4_18

tfn4_19

第63回ニュルンベルク国際玩具見本市
International Toy Fair Nurnberg

開期 2012年2月1日-6日
開場 Messe(メッセ)
開催地 ニュールンベルグ(ドイツ)

公式ホームページ


今日はJR が参画しております、ニュールンベルグ トイフェアーの各ホールの様子をちょっと紹介したいと思います。

P14.jpg


今朝の気温は-12℃。ドイツの車の多くは外気温表示があるのですぐに気温がわかります。来場者は足早に入場口を目指します

P15.jpg


各入場口付近では防寒着を預かってくれる有料サービスがあります。

p16.jpg


中央入場口を入ると広いエントランスがありカラフルなベンチ周りには出展メーカーの製品が多数展示されています。

P17.jpg


[1,2] ベビー・幼児用品エリア

P18.jpgP19.jpg


[3] 木製玩具・工芸品・ギフトエリア

P20.jpgP21.jpg


[4A] 鉄道モデル&アクセサリーエリア

P23.jpgP24.jpg


[4,5,6] 技術的玩具・知育玩具・アクション玩具エリア

P25.jpgP26.jpg


[7,7A] キットモデルホビーエリア

P27.jpgP28.jpg

P29.jpgP30.jpg


[7,8] スポーツ・レジャー・アウトドアコーナー

P31.jpg


[9] スクール用品・ステーショナリーエリア

P32.jpg


[10] ゲーム・書籍・学習と実験・マルチメディアエリア

P33.jpg


[11,12] マルチ製品グループエリア

P34.jpg


こんなブースもあります。

P35.jpgP36.jpg

日本のショーと大きな違いのひとつに16歳以下は入場することができません。でも託児所があるので問題ありません。館内は世界各国のバイヤーが各社の新製品を直接触れることもでき、要望を伝える場としてブース内では終日ミーティングが開かれます。ただし取引先メーカーも顧客をあたたかく迎えるために、スナックや飲み物を用意してリラックスムードで商談が行われますが、中にはソーセージやベーグルサンドの軽食に加え、アルコールを提供するブースもいくつかありました。
ラジコン電波として2.4GHzが使われるようになって、送信機メーカーはより独自性をもった進化を遂げる中で、我々JRも世界のユーザーのニーズを形にできるようがんばっていきたいと思います。


第63回ニュルンベルク国際玩具見本市
International Toy Fair Nurnberg

開期 2012年2月1日-6日
開場 Messe(メッセ)
開催地 ニュールンベルグ(ドイツ)

公式ホームページ


2日目ブース前の風景、気になる製品の前で足を止め熱心にスタッフに質問をする来場者。

P9.jpgP10.jpg
P11.jpg


広い会場内では自転車やキックスケーターで移動する人もよく見かけます。

P12.jpg


もちろん、JRブースでも最新プロポを自由に触っていただけます。

P13.jpg

世界最大のトイショー「ニュルンベルク国際玩具見本市」が開催されました。
巨大な会場はカテゴリーごとに12のエリアにわけられ、実に63か国から2,700社の様々なメーカが出展!! そのうち模型に関わるメーカーが120社強のブースが軒を連ねています。
JRブースでは日本で先日発売されたDMSS2.4GHz専用送信機「XG11」をはじめ、同システムの新エントリーモデル「XG6」や新開発のワイドボルテージサーボを展示。また、ヘリコプターコーナーでは海外モデルとしてすでに販売が開始されているフライバーレス小型電動ヘリコプター「NEX E6」と話題の3軸ジャイロシステム「TAGS01」など最新のRCアイテムを間近で見ることができます。
世界各国が注目するトイフェアーは1日より6日間の日程で約80,000人の来場者が見込まれるそうです。


第63回ニュルンベルク国際玩具見本市
International Toy Fair Nurnberg

開期 2012年2月1日-6日
開場 Messe(メッセ)
開催地 ニュールンベルグ(ドイツ)

公式ホームページ


ブランドカラーの赤いJRブースには、最新のRCメカが多数展示

P1.jpgP2.jpg
P3.jpgP4.jpg


会場のメインゲートの様子、JRブースまでの時間は約10分!!

P5.jpg


ブースに一番近い東側ゲートの様子。

P6.jpgP7.jpg


会場で販売されている2,700社がすべて掲載された分厚い出展者リスト。

P8.jpg

このアーカイブについて

このページには、2012年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。