2012年3月アーカイブ

世界レベルで活躍し続けるチームJRのスペシャリストが一堂に介するスペシャルイベント「第9回JRスーパーフライトショー」が4月8日(日曜日)に開催されます。

今年度は、栃木県宇都宮に新しくオープンする「宇都宮RCフライングクラブ岡本飛行場」にて開催決定!

国内外のトップフライヤーによる、究極のRCフライトを間近で観られるチャンス!また、ラジコン模型ファンはもとより、多くの一般来場者にも楽しんでいただけるよう、ラジコン模型操縦体験コーナーやヘリコプターによるキャンディード ロップも予定。会場では協賛メーカーによるラジコン製品展示、その他、震災復興支援チャリティーなども実施させていただく予定です。

たくさんのご来場をお待ちしております。

 

プログラム、出場フライヤーについては専用ページをご覧ください。

JR スーパーフライトショー専用ページ

 

sfs_PRfly_500px.jpg

 

開催名
第9回JR スーパーフライトショー2012

開催日
2012年4月8日(日) 9:30開始-15:30頃 終了予定(小雨決行)

会場
宇都宮RCフライングクラブ岡本飛行場(栃木県宇都宮市中岡本町地内)

備考
観覧無料 / 仮設トイレ設置
※車両入場には制限があります。

主催
日本遠隔制御株式会社

 

 


大きな地図で見る

 

スーパーボイジャーE FBLで標準装備パーツのシリーズ互換性について、お問い合わせをいただいてますので、FBL仕様にコンバートできるパーツリストをPDFでご用意しました。ご活用ください。


スーパーボイジャーE(4セル)用

fbl_convert_sv4-1.jpg

 

スーパーボイジャーE(6セル)用

fbl_convert_sv6-1.jpg

 

 

スーパーボイジャーE FBLは、入門からエキスパートまで楽しめるベストセラー機「スーパーボイジャーE」シリーズのFBL(フライバーレス)ローターヘッド仕様モデルです。

最上 位機種のスーパーボイジャーE(6セル)をベースにしており、金属製のオートローハウジング、ベアリングケース、高精度削り出しの硬質メインドライブギ ヤーT85を使用するなど高い耐久性は継承。

メインフレームの材質はカーボン製に変更。 形状は、従来機よりもコンパクトになり、バッテリー搭載位置を下 げる事で大容量のバッテリー(6S-3,300mAh等)がボディーに干渉することなく搭載可能となりました。 またミニサーボ専用設計で、ヘッド回りの パーツ点数削減と併せて、機械的にシンプル且つ、組立ても簡素化しています。

スワッシュプレートは、FBL(フライバーレス)専用タイプへと変更され、ス タビ付の機体に比べて増大する負担をしっかり受け止められる構造となり、ネジ部が3mmへとサイズアップされたボールアームも採用しています。

テール ローターグリップ部は、ラジアルベアリングをサイズアップし、スラストベアリングも追加。 これにより、精度の高いラダーコントロールが行なえ、耐久性も 向上。 

標準で付属する3種類の削り出しピニオンギヤーとの組み合わせで、3セル-6セルのパワーソースが選択でき、フライトの幅が広がります。(お手持 ちのパワーユニットやバッテリーの有効利用が可能)

フルペイントのFRPボディー、カーボン製のテールパイプ・尾翼など、見た目以上に進化した機体に仕 上がっています。機能的に無駄の無い作りは、フライトシルエットを美しく見せます。

 

【商品ラインナップ】

組立キット 68,250円(税抜65,000円)

コンボ(3軸ジャイロ+サーボ付) 126,000円(税抜120,000円)

 

SVE-FBL

 

Rotor Live 2012 動画紹介

YouTubeで公開されているROTOR LIVE 2012(ドイツ)の動画を紹介します。

主催:RCヘリ専門誌「ROTOR」
日程:2012年3月10日-11日
会場:ドイツ/バーデンバーデン

 

Rotor Live 2012 - Uwe Kiesewetter - Sylphide E12

 

Rotor Live 2012 - Hiroki Ito - Vibe NEX E8-FBL

 

Rotor Live 2012 - Hiroki Ito Ehrenflug - Freestyle Contest

 

Rotor Live 2012 - Hiroki Ito - Finale Freestyle Contest

 

リンク先はYouTubeで公開されているものです。JR公式チャンネルにアップロードしたものではありません。

 

 

JRPROPO -Multi Blade Rotor Head [Prototype]

ヘリコプター: Airskipper E8-FBL

  • Rotor Head: 3 Blades Prototype
  • Main Rotor Blades: Radix600SB
  • Tail Blades: JR Carbon 95
  • Motor: JR NHM-4025(740KV)
  • ESC: KONTRONIK JIVE 80+HV
  • Battery: 4cell 3,300mAh-65C (2packs)

プロポ: XG8 DMSS 2.4GHz Radio System

  • Gyro: Triple Axis Gyro System TAGS01
  • Swash Servo: FBL-DS01
  • Rudder Servo: MPH81G
  • RX: RG831B DMSS 2.4GHz Receiver


フライヤー: 伊藤寛規(TaemJR/F3C 世界チャンピオン)
 

mb351-04.JPG

 

近日発表予定のマルチローターヘッドの続報です。

先日、ブログに、開発中の写真を載せたところ、国内外で多くの反響をいただきました。

今回、JRで発売する3枚ローターヘッドの特徴です。

スタビライザーが無いため、全ての制御はメインローターが行なう事になります。そのため、メインローターが2枚よりも3枚の方が制御速度が上がり、より確実な操縦性が得られます。懸念されるパワーロスも、電動パワーがあれば問題も解消されるでしょう。通常の2枚式とくらべ、ローター回転数を下げても安定性があり、小舵の入りも良く、ピッチ操作が容易に感じます。F3Cフライトはもちろん、3Dフライトの世界でも十分に楽しめるマルチローターヘッド。TAGS01との組み合わせで、最高のパフォーマンスをお届けします。

 専用メインローターも準備中です。発売まで今しばらくお待ちください。

 

mb351_01.JPG

 

mb351-02.JPG

 

ローターをたたむとこんな感じです。専用のブレードホルダーが必要ですね・・・。

mb351-03.JPG

 

前回の記事はこちら

 

ROTOR LIVE 2012 レポート

RCヘリ専門誌「ROTOR」主催イベント「ROTOR LIVE 2012」が3月10日、11日にドイツで開催されました。会期中に行われた、3Dパイロット16名によるトーナメントが行われ、チームJR伊藤寛規が優勝。2名のパイロットが交互に飛ばす勝ち抜き戦。ジャッチは選手同士が行い、ハイレベルなフライトで盛り上がりました。

 

rotorlive2012_p01.jpg

 

VIBE SG E12のデモフライトがYouTubeにアップされていました。
↓↓↓

 

 

このアーカイブについて

このページには、2012年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年2月です。

次のアーカイブは2012年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。