2012年10月アーカイブ

今週末開催の中部地区JRヘリコプター大会のエントリー受付は終了しました。
たくさんのエントリーをいただき、ありがとうございました。

10月21日(日)
第21回中部地区JRヘリコプター大会 一宮ヘリフライヤーズ専用飛行場(岐阜県)

近郊の方は是非ご参加ください。
見学は無料です。

大会の詳細は、JRヘリ大会ページでご確認ください。

 

2011年度 中部地区大会の集合写真

今週末開催の九州地区JRヘリコプター大会のエントリー受付は終了しました。
たくさんのエントリーをいただき、ありがとうございました。

10月13日(土) 九州地区JRファンミーティング2012 熊本東部RCクラブ第二飛行場(熊本県)
10月14日(日) 第21回九州地区JRヘリコプター大会 熊本東部RCクラブ第二飛行場(熊本県)

近郊の方は是非ご参加ください。
見学は無料です。

大会の詳細は、JRヘリ大会ページでご確認ください。

 

2011年度 九州地区大会の集合写真

大会4日目(7日)、決勝ラウンドが行われ、現役世界チャンピオンの伊藤寛規が、2012年度の日本選手権覇者となり、7連覇を達成しました。ご声援ありがとうございました。

本日の決勝ラウンドは、天候不良により、定刻(9時)に開始ができなかったため、規定により、1ラウンドのみの実施。よって大会スコアは、予選総合と決勝1Rのどちらか高い得点で最終順位が決まりました。

序盤、橋本選手が434点、野々垣選手が455.5点と、 高得点をマーク。

6番手となった伊藤選手は470点をマークし、首位にでる。

14番目の小林選手が434.5点をマークし、3位に。

すべての選手の演技が終了し、予選総合で1,000点を獲得した、伊藤寛規の優勝が決まった。

その後、決勝1ラウンドの千分率が集計され、日本選手権の最終順位が発表となった。

 

優勝 伊藤寛規 (Team JR)
2位 野々垣貴士 (Team JR)

3位 国井伸也 (Team JR)
4位 橋本 学
5位 小林 稔(Team JR)
6位 土橋幸広
-----シード権獲得-----

6位(同点) 澤村寧一
8位 磯 匡敏
(Team JR)
9位 二木 洋 (Team JR)
10位 向後一明
11位 川口直也
11位 神谷裕司
13位 鬼澤一史
14位 煤田正広 (Team JR)

15位 鈴木秀樹 (Team JR)

 

68386_425713107476947_281885720_n.jpg

 

大会情報は、JR公式ファイスブックツイッターでも公開しています。

 

関連URL:
F3C JAPAN ホームページ(速報ページ)
日本模型航空連盟 RCヘリコプター委員会

 

予選第2ラウンド(6日)が終了し、決勝ラウンドに出場する15名が決まりました。

本日(7日)、決勝ラウンドが行われます。

本日の宇都宮は、あいにくの雨模様とのこと。開始時刻を遅らせて、9時半頃より開始された模様。天候によっては、2ラウンド成立しないかもしれません。

 

1ラウンドのみ実施の場合:
この場合は、予選総合と決勝1Rのどちらか高い得点で最終順位となります。

決勝ラウンドが中止の場合:
この場合は成立している予選ラウンドの成績が本年度の最終順位となります。

(F3C Japanホームページより)

 

決勝ラウンド出場者(敬称略)

  • 伊藤寛規 (TeamJR)
  • 野々垣貴士 (TeamJR)
  • 国井伸也 (TeamJR)
  • 橋本 学
  • 小林 稔 (TeamJR)
  • 土橋幸広
  • 澤村寧一
  • 磯 匡敏 (TeamJR)
  • 二木 洋 (TeamJR)
  • 川口直也
  • 神谷裕司
  • 向後一明
  • 鬼澤一史
  • 煤田正広 (TeamJR)
  • 鈴木秀樹 (TeamJR)

 

予選第2ラウンドも伊藤寛規が首位獲得。予選ラウンドを1位通過。

2位通過は、世界選手権3位の実力を見せたTeamJR野々垣選手。

そして、3位通過にJR国井が続く。

 

121006Snap10_1.jpg

伊藤選手と助手の小林選手(写真:F3C Japanホームページより)

 

121006Snap08_1.jpg

 伊藤選手の演技(写真:F3C Japanホームページより)

 

121006Snap13_1.jpg

 野々垣選手と助手の吉田氏(写真:F3C Japanホームページより)

 

 

大会速報は、情報が入り次第、JR公式ファイスブックツイッターでも公開しています。

 

関連URL:
F3C JAPAN ホームページ(速報ページ)
日本模型航空連盟 RCヘリコプター委員会

 

大会1日目(4日)

出場する42名の選手が登録手続きを行い、開会式が行われました。

選手ミーティングのあと、予選ラウンドのフライト順が抽選により決定。

最後に、前年度の選手権覇者 伊藤選手による選手宣誓が行われました。 

121004Snap07.jpg

写真: F3C JAPAN ホームページより

 

大会2日目(5日)

予選第1ラウンドが無事終了。伊藤寛規が高得点をマークし、まずは首位獲得。

 

 

大会速報は、情報が入り次第、JR公式ファイスブックツイッターでも公開しています。

 

関連URL:
F3C JAPAN ホームページ(速報ページ)
日本模型航空連盟 RCヘリコプター委員会

今回の選手権でデビューとなるロングテール仕様のシルフィードE12&Newスーパーグレイシーをご紹介します。

シルフィードE12-EX(仮称):
テール部を約80mm延長、メインローターは795mm。電動800クラスに相当。

スーパーグレイシーEX(仮称):
ロングテール仕様に対応するため、リヤーボディーの形状をを変更。カラーリングも一新。 

sk01.jpg


sk02.jpg

 上の写真は、当社ヘリコプター事業部開発責任者でもある国井バージョン。このカラーリングで販売を予定しています。今回、シルフィードE12-EX & スーパーグレイシーEXで出場するのは、世界チャンプ伊藤寛規、小林稔(VJP)の3名。

 

 

 

現役世界チャンプ伊藤寛規のカラーリング。日本選手権7連覇に挑みます。

ito01.jpg

 
ito02.jpg

 

 

 

JR契約フライヤー小林稔のカラーリング。

mk01.jpg

 
mk02.jpg

 

 

 

従来のスーパーグレイシーと並べると、テール部、メインローターが長いのが分かります。

sk03.jpg

 

 

発売予定商品:

・シルフィードE12-EX(仮称)
・スーパーグレイシーEX(仮称)
・カーボンメインローターXB795

発売時期は未定ですが、近いうちに公式に発表したいと思います。

平成24年度F3Cラジオコントロールヘリコプター日本選手権が明日より栃木県宇都宮市で開催されます。JRでは今年も情報が入り次第、ブログ、フェイスブック、ツイッターなどで、情報を発信していきます。

期日: 平成24年10月4日(木)-7日(日)
会場: 宇都宮RCフライングクラブ岡本飛行場(栃木県宇都宮市中岡本町地内)
主催: 日本模型航空連盟 


より大きな地図で 宇都宮フライングクラブ岡本飛行場 を表示

会場は、4月に開催した「JRスーパーフライトショー」を行った場所です。

 

大会スケジュール:

  • 大会1日目(10月4日)・・・受付、開会式
  • 大会2日目(10月5日)・・・第1ラウンド
  • 大会3日目(10月6日)・・・第2ラウンド
  • 最終日(10月7日)・・・決勝第1ラウンド/決勝第2ラウンド

 

日本選手権は、各地区の予選を勝ち抜いた42名が参加。予選ラウンドを行い、上位15名により決勝ラウンドが行われます。

[予選地区] 
北海道地区、東北地区、東日本地区、北陸中部地区、西日本地区、九州地区

 

 

関連URL:

F3C JAPAN ホームページ(速報ページ)
http://www.f3c.jp/japan/2012JPN/12Repomain_j.htm

日本模型航空連盟 RCヘリコプター委員会
http://www.jmaf.jp/helicopter/

このアーカイブについて

このページには、2012年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年9月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。