2013年4月アーカイブ

4月21日に開催された「第10回JRスーパーフライトショー2013」は悪天候により中止となりました。
前日の夕方から降り出した雨は朝になっても止まず、スタッフはただただ天候の回復を祈りつつ、体感温度5°の雨の中設営を開始。 ただテントは立てたもの身動きが取れない状況でした。 そんな中でも朝早くからこのイベントを楽しみにされていたがお客様が駐車場に入り始めます。 フライヤーも集まりミーティングを行った結果、残念ながら10時の時点でイベント中止という場内アナウンスを流すこととなりました。
第10回という記念すべきイベントがこのような結果になってしまいましたが、ご来場いただいたお客様に楽しんで貰うため、製品展示とグッズ販売を行ないました。
時間が経つにつれ雨足も弱まりはじめ、協賛メーカーブースではエンジンを掛けたり。RCカーの体験操縦などできる限りの事をしていただきました。
車で待機されていたお客様が飛行場に集まりはじめたころ、ちょうど雨があがり、急遽伊藤寛規のフライトがアナウンスされました。 慌ただしく準備をおえ伊藤選手のデモフライトがはじまると、会場に歓声が上がります。 つづけてプログラムの無い協賛メーカー様とチームJRによるフリーフライトでお客さまにできる限りのサービスを行いました。
その後ブースで販売した豪華景品のあたるチャリティー抽選会も予定通り開催。
当選された方は協賛品や日用品を手に笑顔で景品を受けとられていました。
久山社長の挨拶でご来場者への御礼が告げられイベントは終了となりました。
最後にあらためて雨の中会場に足を運んでいただいたご来場者の皆様、会場に華を添えていただいた出展・ご協賛メーカー各社様、またスーパーフライトショー開催に際しご協力いただきました皆様にこの場を借りて心よりお礼と感謝を申し上げます。
来年は、今回の経験をバネに最高のショーが開催できる様準備していきますので、
是非、会場にご来場ください。
つめたい雨の中設営を行います。
足元の悪い中、ブースに集まる来場者。
飲食ブースでは地元宇都宮から参加いただきました。ご協力に心より感謝します。
協賛メーカーブースでご来場者へのできる限りのおもてなし。
ジェットエンジンを始動して、迫力のジェットサウンドを聞いて頂きました。
ものすごい音でした。
午後、イベントは中止でしたが、雨の切れ間をぬって少しデモフライトをさせて頂きました。
まずは、斉藤製作所のデモフライト。
関東のトップフライヤー、小清水さんのアクロフライトです。
F3D パイロン機のデモフライト・・・すごいスピードでした。
関東の3Dフライヤー岩佐さんのデモフライト。
次は、ハンドランチグライダーのトップフライヤー朝妻さんたちのデモフライト。
世界チャンピオンのJR伊藤による3Dフライト。
豪華景品のあたるチャリティー抽選会も予定通り開催しました。
天候に恵まれませんでしたが、来年こそは素晴らしい飛行をお見せ出来ることを願っています。
これに懲りずに、来年も是非お越しくださいますようお願い致します。
スタッフ一同

Weak Signals RC Expo 2013 in Toledo

Weak Signals RC Expo 2013 in Toledo

2013年4月5〜7日(現地時間)、アメリカ・オハイオ州のトレドで、Weak Signals RC Expo 2013 が開催されました。
毎年行われる、アメリカ最大のホビー関連の見本市です。

当社と、当社のアメリカ代理店ホライゾンホビーが「JRアメリカUSAオフィス」新たに設立しました。
その、JRアメリカUSAオフィスとして、記念すべき初めての出店。

非常に多くのご来場客をむかえ、多くの当社製品を実際に見て触っていただきました。

以下は、現地からのレポートです。


このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。