F3C世界選手権の最近のブログ記事




2015 F3C 世界選手権 表彰式





2015 F3C 世界選手権 1位 伊藤選手 3位に磯選手が入賞です。



2015 F3C 世界選手権
いよいよ 決勝の朝を迎えました。快晴です。各選手会場入りの前に朝練に出発。




2015 F3C 世界選手権 速報
伊藤選手 世界チャンピオンに王手



2015 F3C 世界選手権
決勝最終ラウンドを待たずに、伊藤選手の優勝が確定しました。
皆様、応援ありがとうございます。
磯選手、野々垣選手は、エニオ選手と表彰台を目指し、決勝3ラウンド目に挑みます。

2015 F3C 世界選手権
予選ラウンドが終了。日本チームは好成績で決勝ラウンドに望みます。表彰台独占を目指します。
予選ラウンド上位15名が決勝ラウンドに進出できます。
JRを使用しているパイロットは15名中7名と最多。
今大会から3軸ジャイロの使用が許可された事でTAGS-MINIの使用率も高く、より今大会で性能の高さが注目されております。




ハンノ プレトナー氏と伊藤選手




伊藤選手もファイナルラウンドへ向けて練習を始め、かなり飛ばしこんでいます。

2015 F3C世界選手権 予選3日目終了。
今日も外気温が37度を超える暑さ。ホテルにはエアコンがなく体調管理が大変です。
日本チームは野々垣選手が一番手の8時スタート。その後、伊藤、磯選手のフライト。
ラウンドを通して風は弱い一日となり、ヨーロッパ選手も230点台をキープ。中でもドイツチームは3選手とも3枚ローターブレード仕様で良い感じです。
このラウンド終了時点で、日本選手3名の決勝進出は決定。各選手といよいよ、決勝パターンの練習をスタート。本日の予選最終ラウンドを飛び切り、気分良く決勝に望んでもらいましょう。





2015 F3C 世界選手権
予選ラウンド4 速報
伊藤選手 260点 オーバー

2015 F3C世界選手権 予選2日目終了。
現地入りして1週間がたちました。毎日気温が高く、暑さとの戦いでもあります。2011年のイタリア以上の暑さかもしれません。
伊藤選手は1,2ラウンドと高得点を出し他を圧倒してます。
磯選手は初出場ですが落ち着いたフライトで伊藤選手に次ぐ高得点を獲得。野々垣選手は3回目の出場、ダイナミックで切れのある演技で現在総合2位。いずれも日本選手は好調なスタートダッシュを決めれたようです。注目の前回チャンピオンのエニオ選手、日本のフライトスタイルとは異なり、非常にコンパクトなヨーロッパスタイルの演技を披露。
これから予選3日目が始まります。今日も暑くなりそうです。



2015 F3C 世界選手権 開会式 日本チーム



本日はメイン会場での機体検査です。日本チームはフィールドのチェックです。

チーム JR 無事にクラーゲンフルト到着です。誰が迎えに来て頂いていたでしょうか?



お迎え頂いたのは1993 F3A 世界選手権覇者のハンノ プレトナー氏 奥様のクリスタさん息子さんハンノジュニア また今回お世話になります、フランツ コグラー氏には感謝の意を表します。



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちF3C世界選手権カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはF3C日本選手権です。

次のカテゴリはその他です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。