DMSS

  • ここが安心!
  • ここが頼れる!
  • ここがすごい!
  • ここが便利!

ここが安心!

3つの安心

スペクトラム拡散通信システム

従来のFHSS方式は符号化したデータを狭い幅でホッピングさせ通信を行っています。
この場合一部にノイズが発生した場合多少なりともデータをロスしてしまいます。
DMSS 2.4GHzシステムは、符号化したデータを広く拡散(DSSS)し同時にホッピング(FHSS)させる周波数拡散方式です。
通信中にノイズ干渉があっても、受信機が拡散したデータを復元する際にノイズを除去するので絶えず正確な通信が行えます。
つまり、DMSSは世界一信頼性の高いスペクトラム拡散通信システムなのです。

ここが頼れる!

信頼のリモートアンテナシステム

2.4GHzは非常に指向性の強い電波!JRの受信システムは機体がどのような体勢でも安定した受信をできるよう、受信機本体のアンテナに加えリモートアンテナを接続し、より確実な受信を可能とします。サブのアンテナといっても受信感度は受信機本体のアンテナと何ら変わりません。

信頼のリモートアンテナシステム
従来の電波と2.4GHzの違い

従来の電波と2.4GHzの違い

ここがすごい!

DMSS
違い
DMSS方式

ここが便利!

2.4GHz通信には最初に必ずバインド(ペアリング)設定をする必要があります。その際通常はバインド端子にバインドプラグをさして、
受信機をバインド待機状態にする必要がありますが、DMSSシステムでは”パークフライト用受信機”に限りバインドプラグを使わない
「イージーバインドシステム」を採用。より手軽なフライトが可能です。

ここが便利!

TOPへ戻る