ホーム > サポート > 樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
AND検索 OR検索
306件中 1件〜 5件表示

2014年9月18日 樽田の日誌 【その他】

第23回JR九州地区大会

こんにちは。

JR大会のお知らせです。

今週末の9月20日(土)・21日(日)は熊本県の熊本東部RCクラブ第二飛行場で、JR大会及びファンミーティングを開催する予定です。

そして今日、出発します!!

フェリーで九州まで行くんですが、ただただ揺れないで欲しいと思うばかりです・・・

大会にはエントリーされてなくても、21日(日)にFORZA450を持って会場にお越し頂ければお昼頃から記念品が貰えるイベントに参加出来ますので、是非お越し下さい。

天気も良さそうですし、たくさんの方にお越し頂きたいです。

では、出発の用意をしてきます!!



前回僕が九州に行った時の写真なので2年前のJR九州大会の画像です!!

2014年9月17日 山野の日誌 【使い方】

モデルコピーの方法〜送信機からSDカード

こんにちは、アフターサービス課の山野です。

今日の日誌は送信機のモデルデータをSDカードにコピーする方法について説明させて頂きます。

今回は例としてXG11を使います。



まず、システムリストに入りまして1/3ページ目にあります「COPPY/ERASE」に入ります。



「RF-POWEROFF?」と表示がでてきますので、「YES」で入りますとコピー画面が開きます。(NOだとシステムリストに戻ります)。



コピー画面では上がコピー元、下がコピー先になっています。

今回は送信機内のモデルデータをSDカードにコピーするのでコピー元となる上側を「INTERNAL」(送信機本体)に設定し、そのすぐ下にあるモデルデータにカーソルを合わせ、ダイヤルを押します。



するとモデルデータ一覧が表示しますので、コピーしたいモデルデータにカーソルを合わせダイヤルを押します



次にコピー先となる下側の「INTERNAL」にカーソルを合わせダイヤルを押すと「SDCARD」になります。



「SDCARD」のすぐ下にある「----------」にカーソルを合わせダイヤルを押します。

(この時、SDカードの相性が悪い場合「Error」と出てきますので、「Error」が出る場合は違うSDカードをお使い下さい)。



するとSDカードに保存するモデルデータのファイルネームを入力する画面に入ります。



同じファイルネームのモデルデータは保存することができない(上書きができないようになっている)ので注意して下さい。

ファイルネームを入力した後、「OK」表示の隣にあるファンクションキーを押すと元のコピー画面に抜けます



コピー画面に戻りましたらファンクションキーの隣に「COPPY」の表示が出てきますので、ファンクションキーを押していただくとCOPPYが開始されます。



「ALLOK!」の表示が出ましたらコピー完了です。



以上で送信機からSDカードへのコピーが完了しました。

ありがとうございました。

2014年9月12日 山野の日誌 【使い方】

モデルコピーの方法〜送信機内コピー

こんにちは、アフターサービス課の山野です。

今日の日誌はモデルデータを送信機内でコピーする方法について説明させて頂きます。

今回は例として送信機XG8を使います。



まず、お持ちの送信機のダイヤルを押し込みながら電源を入れて下さい。

すると、システムリストに入ります。

システムリスト1/3ページ目にあります、「COPY/ERASE」(コピー/イレース)に入ります。



「RF-POWEROFF?」と表示がでてきますので、YESで入って下さい。



「COPY/ERASE」ではデータコピーとデータ削除ができ、最初に出てくる画面がデータコピーの画面になります。

COPY画面では下矢印を挟み、コピー元が上側、コピー先が下側に表示されます。

その中でも、INTERNAL(送信機)、SDCARD(SDカード)、TRANSFER(トレーナコードを使って送信機同士のコピー)の3種類に分かれます。今回は送信機内でコピーを行いますので、「INTERNAL」→「INTERNAL」に設定します。



コピー元(上側)のINTERNALの下にあるモデルデータにカーソルを合わせ、ダイヤルを押します。



モデルデータ一覧が出てきますので、コピーしたいモデルデータを選択します。



次にコピー先(下側)のINTERNALの下にあるモデルデータにカーソルを合わせダイヤルを押します。



そうするとモデルデータ一覧が出てきますのでコピー先に設定するモデルデータは「---------」と表示しているモデルデータを選択します。



コピー先となるモデルにモデルデータが入っている場合、モデルデータを上書きすることができないので予めモデルデータを消して「---------」状態にしなければコピーができません。

コピー元、コピー先共にモデルを選択できましたら、ファンクションキーを押せばコピーが開始し、「ALLOK!」とでればコピーが完了します。







以上、送信機のモデルデータを送信機内でコピーする方法についてのご説明をさせて頂きました。

ありがとうございました。

2014年9月10日 山野の日誌 【使い方】

送信機のモデル選択方法

こんにちは、アフターサービス課の山野です。

今日の日誌は送信機のモデル選択方法について説明させて頂きます

今回は例として、送信機XG11を使います。



まず、送信機のダイヤルを押し込みながら電源スイッチを入れて下さい



すると、システムリストに入ります。

※システムリストはファンクションリストからでも入る事ができますが、ダイヤルかエンターキーを押しながら電源を入れていただく事でシステムリストにショートカットする事ができます。

システムリストの1ページ目にあります、「MODELSELECT」に入ります。



「RF-POWEROFF?」(電波を止めますか?)と聞いてきますので、YESを選んで下さい(NOを選択するとシステムリストに戻ります)。



MODELSELECT画面に入りますと、中央に今選んでいるモデルデータが表示されます。



中央に表示されているモデルデータにカーソルを合わせ、ダイヤルを押しますとモデルデータ一覧が表示されますので、これから使用するモデルデータにカーソルを合わせてダイヤルを押します。



これで次のモデルデータに切り換わります。

また、未登録のモデルデータは「------」と表記されていますので、未登録のモデルデータを選択しますと、新たにモデルデータを作る手順(TYPE SELECT)が始まります。



以上、送信機のモデル選択方法についてのご説明をさせて頂きました。

ありがとうございました。



2014年9月5日 山野の日誌 【使い方】

DSMJ受信機のバインド方法

こんにちは、アフターサービス課の山野です。

今日の日誌はDSMJのバインド方法について説明させていただきます。

今回は例として送信機がDSX9、受信機はRD931を使います。

まず、お持ちの送信機(DSMJ)受信機(DSMJ)、エクストラアンテナ、バインドプラグ、バッテリーを用意して下さい。



用意ができましたら、エクストラアンテナを受信機の側面にある端子に挿しこみ、バインドプラグを<BATT1/ BIND>の端子に挿し込みます。



バッテリーは<BATT2>もしくは、空きチャンネルに挿してください。



すると、受信機とエクストラアンテナにオレンジ色のランプが点滅します。

これで、受信機の準備は終了です。

次に、送信機と受信機を約15cm〜20cm離して頂き、送信機裏面に付いてあるバインドボタンを押しながら電源を入れて下さい。



受信機のランプが点滅から点灯に変わりましたらバインド成功です。

DSMJ受信機はバインドの時に一緒にフェイールセーフを覚えます。

受信機にバインドプラグを挿したままバインドすると、スロットルのみのフェイールセーフになり、オレンジのランプが点滅時にバインドプラグを抜きバインドすると、全チャンネルのフェイールセーフとなります。

以上、DSMJ受信機のバインド方法についてのご説明をさせて頂きました。

ありがとうございました。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62

プロフィール

樽田
ラジコンサービス課の樽田(たるた)です。
サポート日誌も始めて3年が経ちました。
後輩も出来て不安な事もたくさんありますが、試行錯誤しながら日々頑張っています。
山野
2013年の6月にJRプロポに入社した山野と言います。
ラジコンサービス課に配属になり、1からラジコンの事を勉強しています。
まだ二十歳の若輩者ですが、早く先輩方に追いつけるように一生懸命頑張ります。