ホーム > サポート > 樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
AND検索 OR検索
324件中 1件〜 5件表示

2014年11月25日 樽田の日誌 【その他】

F3Cチャンピオンシップ2014に行ってきました

こんにちは、サービス課の樽田です。

先週末の11月23日(日)に、三重県津市にあるスカイモデラーズクラブ飛行場でJRヘリコプター大会 F3Cチャンピオンシップ2014が開催されました。

スタッフとして僕も行ってきました!!

大会当日の朝は風もほとんどなく穏やかな感じでした。

実際に競技が始まってからは風が凄く強くなり、選手の皆さんも苦戦されていたように思います。

JRのブースでは出荷が開始されたばかりのNINJA 400MRや近日発売予定のNEX E6-550専用スケールボディー等の展示をしました。



あと、デモフライトを楽しみに観覧に来られていた方もいましたよー!!

デモフライトは競技終了後に行われ、NINJAやFORZA700のフライトがありました。



そして、今年の優勝者は昨年に引き続き鳥居さんが2連覇されました。

おめでとうございます。




強風の中、事故もなく大会が無事に終了して良かったです。

今年のJRヘリ大会はこれで終了ですね!

また来年もたくさんの方に参加して頂きたいなぁと思いました。

2014年11月21日 樽田の日誌 【その他】

F3Cチャンピオンシップ2014

こんにちは、サービス課の樽田です。

今週末の11月23日(日)は、三重県津市にあるスカイモデラーズクラブ飛行場でJRヘリコプター大会 F3Cチャンピオンシップ2014が開催される予定です。

22日(土)は公式練習日となっており、23日(日)に大会となります。

各地区のJR大会で良い成績を残された方が出場権を獲得出来ると言うものなんですが、今年はどんな結末になるのでしょうか・・・!?

天気は晴れそうなので、気になっている方は是非見に来て頂けたらと思います。

受け付けは7時から始まり8時から競技が始まります。

詳しい情報についてはリンクを貼っておきますのでそちらからご覧ください。

F3Cチャンピオンシップ2014(こちらから)

2014年11月19日 樽田の日誌 【使い方】

対気速度センサー(TLS1-SPD)について

こんにちは、サービス課の樽田です。

今日はテレメトリーセンサーの対気速度センサーについてのお話しをします。

このセンサーの質問でシリコンチューブの長さを短くして良いのかを聞かれる事があります。

結論から言うとシリコンチューブは短くして頂いて構いません。

ただ、短くするとチューブが折れ曲がりやすくなるので注意しながら搭載して頂ければと思います。



このように丸めるのは問題ありません!!



あとは、大型機に載せたいのでシリコンチューブを長くしたいと言う方もいらっしゃいました。

長くする場合は最大で2mまでなら問題ありません。

※JRから正規の50僂猟垢気妊轡螢灰鵐船紂璽屬鯣稜笋垢詬縦蠅任垢、長くされる場合はお客様の方でシリコンチューブの準備をして下さい。(チューブの内径は2パイです)

シリコンチューブを金属パイプやセンサーの方から取り外した場合に最も注意して頂きたい事は、元に戻す際にしっかりチューブをはめ込み、空気が漏れないようにお願いします。

チューブを長くすると搭載が難しくなりそうなので、ハーネスを延長する方が実用的かもしれませんね・・・

もう1つの質問で、送信機上で設定出来る誤差補正設定(CALIBRATION)についてです。

お客様の方から最初は何%入力したらいいのかを質問されたことがあります。

これは基本的には最初の数値は0%で大丈夫です。



センサーの取り付け位置等を変更する事で誤差が出る場合があるので、その時に使用して下さい。

あとは、スピードガンのような測定器で計った時の誤差を補正する時に入力して頂ければと思います。

2014年11月14日 山野の日誌 【使い方】

タイマー設定の方法2

タイマー設定の方法

こんにちは、アフターサービス課の山野です。

今日の日誌はタイマーをスロットルスティック最スロー位置から上げると働き始め、スロットルスティックを最スロー位置まで下ろすと止まる設定を説明させて頂きます。

今回は例として送信機XG8を使用します。

まず、送信機のダイヤルを押し込みながら電源を入れて下さい。

システムリストに入りますので1/3ページ目にあります「STKPOSSW」(スティックポジションスイッチ)にカーソルを合わせてダイヤルを押します。



SPS0とSPS1が2ページに分けられていますが今回はSPS0を使用します。

1/2ページの画面中央に「SPS0:INH」となっているINHにカーソルを合わせてダイヤルを押してください。



「SPS0STICK」の画面がでてきましたら、「THRO」(スロットル)にカーソルを合わせてダイヤルを押して下さい。



すると「SPS0:THRO」となり、SPS0の設定ができます。

上から「SPS0:THRO」「SYM:OFF」「AREA:HIGH」となっている事を確認して下さい(初期の状態はなっています)。



一番下にある「POS:0」0にカーソルを合わせてダイヤルを押します。

ダイヤルを左に回すと「L」(ロー)右に回すと「H」(ハイ)となり数値が入力できるので、L95になるまでダイヤルを左に回して(この時ファンクションキーを押しながらダイヤルを回すと素早く数値設定できます)下さい。



L95になればダイヤルを押し込み元の画面に戻ります。

これでスティックポジションスイッチの設定は完了しましたので「TIMER」の設定に移ります。

TIMER画面の「STARTSW」「STOPSW」に先ほど設定していたSPS0を設定します。



これでスロットルスティックを最スロー位置からあげるとタイマーが作動し、スロットルスティックを最スロー位置まで下げると止まる設定ができました。

ありがとうございました。

2014年11月12日 山野の日誌 【使い方】

タイマー設定の方法

こんにちは、アフターサービス課の山野です。

今日の日誌はタイマーの設定方法を説明させていただきます。

例として送信機XG11MVを使用します。

送信機の電源を入れ、Lキー(画面の左隣にある4つのボタンの上から2つ目、リストキー)を押し、ファンクションリストに入ります。



ファンクションリスト2/2ページ目にある「TIMER」(タイマー)にカーソルを合わせダイヤルを押します。



タイマー画面ではTIMER1、TIMER2、TIMER3とあり3つまで設定することが可能です。

今回はTIMER1を使って説明していきます。

TIMER1にカーソルを合わせダイヤルを押すと、「INH」(無効)「DOWN」(ダウンタイマー)「STOP」(ストップウォッチ)の三種類に分かれます。



ダウンタイマーを選びますと任意の時間を入力できます(初期状態だと10分です)。



ダウンタイマーかストップウォッチを選びますと「STARTSW」(スタートスイッチ)と「STOPSW」(ストップスイッチ)がでてきます。



スタートスイッチにカーソルを合わせダイヤルを押し込むと「SWSEL」に入り、任意のスイッチを選択することでタイマーをスタートさせるスイッチを設定できます。

ストップスイッチも同様にカーソルを合わせダイヤルを押すと「SWSEL」に入り、任意のスイッチを選択することでタイマーをストップさせるスイッチを設定できます。

例えばAUX2swの中立ポジションをスタートスイッチ、AUX2swの一番下ポジションをストップスイッチにする場合、まずSTARTSWに入りAUX2の1の部分にカーソルを合わせダイヤルを押します。



するとAUX2の1の部分が凹むような形になりますので、他に同じ形のスイッチポジションが無いか注意しLキー(リストキー)でTIMER画面に戻ります。



次にSTOPSWに入り、AUX2の2の部分にカーソルを合わせダイヤルを押します。



するとAUX2の2の部分が凹むような形になりますのでスタートスイッチ同様、他に同じ形のスイッチポジションが無いか注意しLキー(リストキー)でTIMER画面に戻ります。



これでAUX2の中立ポジションでタイマーがスタート、一番下のポジションでタイマーがストップするように設定できました。

それ以外にインフォメーション画面でFキー(ファンクションキー)でもタイマーをスタート、ストップする事ができ、タイマー表示にカーソルを合わせCキー(クリアキー)を押すとタイマーのリセットができますのでこちらも活用して頂ければと思います。



以上でタイマー設定方法の説明を終わります。

ありがとうございました。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65

プロフィール

樽田
ラジコンサービス課の樽田(たるた)です。
サポート日誌も始めて3年が経ちました。
後輩も出来て不安な事もたくさんありますが、試行錯誤しながら日々頑張っています。
山野
2013年の6月にJRプロポに入社した山野と言います。
ラジコンサービス課に配属になり、1からラジコンの事を勉強しています。
まだ二十歳の若輩者ですが、早く先輩方に追いつけるように一生懸命頑張ります。