ホーム > サポート > 樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
AND検索 OR検索
347件中 1件〜 5件表示

2015年3月25日 山野の日誌 【使い方】

28Xのスティックモード変更方法(モード1→モード2)

こんにちは、アフターサービス課の山野です。

今日の日誌は28Xのスティックモードをモード1からモード2に変更する方法をご説明させて頂きます。

まずシステムの中の「チャンネルセッティング」を開きます。



デフォルトではCH1、CH2、CH3、CH4にチャンネルロック(CHが赤の表示)がかかっていて設定できなくなっています。



今回はモード1からモード2への変更なので、CH1を押して「チャンネルロックを解除しますか?」の表示がでましたら「はい」を押してチャンネルロックを解除して下さい。



同じようにCH3もロック解除します。

チャンネルロックが解除できましたらCH1の「入力」列にあるS1を押し



「デバイスセレクト」の画面にある28Xの左側を押して下さい。

28Xの左側の絵が出てきましたら、エレベータスティックの上にある上下矢印を押して下さい。



これでスロットルを左スティック上下で操作できるようになりましたので、同じようにエレベータも設定します。

CH3の「入力」列にあるS3を押し



「デバイスセレクト」の画面にある28Xの右側を押して下さい。

28Xの右側の絵が出てきましたら、スロットルスティックの上にある上下矢印を押して下さい。



これでエレベータを右スティック上下で操作できるようになりました。

次にエレベータトリムとスロットルトリムの位置も入れ替えるので、システムの「トリムシステム」を開きます。



スロットルを選択している状態で「入力」の所にあるT1を押し



「デバイスセレクト」の画面にある28Xの左側を押して下さい。

28Xの左側の絵が出てきましたら、T3を押して下さい。



これでスロットルのトリム操作が左側のT3トリムで行えるようになりましたので、同じようにエレベータトリムも設定します。

トリムシステムで今度はエレベータを選択し「入力」のところにあるT3を押して



「デバイスセレクト」の画面にある28Xの左側を押して下さい。

28Xの右側の絵がでてきましたらT1を押して下さい。



これでエレベータのトリム操作が右側のT1トリムで行えるようになりました。

この状態でモード2と同じ状態になります。

後は取り扱い説明書のP2-4にあるスティックスプリングの調整方法にしたがってスティックの機構を変えていただければスティックモードの入れ替えが終了です。

以上で28Xのスティックモードをモード1からモード2に変更する方法のご説明を終わります。

ありがとうございました。

2015年3月18日 樽田の日誌 【使い方】

28Xのフライトモードの拡張

こんにちは、サービス課の樽田です。

今日は28Xのヘリモード使用時、フライトモードを拡張する方法を紹介したいと思います。

まず、システムの中のフライトモード設定を開きます。



初期設定時はフライトモードのノーマル・STUNT1・STUNT2は【K】のスイッチに割り振られています。

そして、今回は【J】のスイッチを拡張のスイッチとして使用します。

最初にする事は新しいフライトモードを追加するところから始まります。

フライトモード設定画面の上の方に「追加」とあるので2回タッチしてフライトモードを2つ増やします。



フライトモード名が他と違うので気になる方は変更して下さいね。(STUNT-3・STUNT-4と名前を変更してみました)



次にタイプですが、これはスタントでOKです。

STUNT-3のスイッチセレクトを開き【J】のスイッチのPOS1にチェックを入れます。



同じようにSTUNT-4のスイッチセレクトも開き【J】のスイッチのPOS2にチェックを入れて下さい。

スイッチ割り当てが終わったのでここで終了となる方も多いかもしれませんが、もう1つ設定が残っています。

フライトモード設定画面でサブメニューキーを開き、プライオリティの設定をタッチして下さい。



そうするとフライトモードの優先順位が出てくるので、NOMAL・STUNT-3・STUNT-4・STUNT-1・STUNT-2の順番に変えて下さい。



このプライオリティの設定をしっかり入れておかないと、STUNT-3・STUNT-4には入らないんです。

重要なところなので覚えておいて頂けると嬉しいです。

これでフライトモードの拡張が出来ました。

2015年3月12日 樽田の日誌 【使い方】

【28X】のスロットルホールド設定

こんにちは、サービス課の樽田です。

ついにフラグシップモデルの送信機【28X】が発売になりましたので、それについての質問などを順次アップして行こうと思います。

今回はヘリモード使用時のスロットルホールド設定です。

使用するスイッチは『C』のスイッチです。

従来の送信機とは少し設定方法が違っていますので説明させて頂きます。

まずはアプリメニューアイコンからシステムに入って下さい。

その中のフライトモード設定を開きます。



No4のHOLDのスイッチセレクトアイコンをタッチしてスイッチセレクトに入って下さい。



使用したいスイッチの周辺をタッチすると画面が拡大しますので、使用したいスイッチをタッチして下さい。



そうすると、POS0・POS1と出ますのでPOS1にチェックを入れます。



その後、画面を抜ければHOLDが使えるようになります。

HOLD位置の設定は、ファンクションにあるスロットルホールドを開き、ホールドポジションの数値を調整して下さい。



とりあえずは以上です。

スティックオートやディレイに関しては、またの機会にお話ししようと思います。

2015年2月25日 山野の日誌 【使い方】

バインドプラグについて

こんにちは、アフターサービス課の山野です。

今日の日誌はバインドプラグの使い方について説明させていただこうと思います。

まず、DSMJ受信機とDMSS受信機に使っているバインドプラグは同じ物です。

失くしてしまったり、切れてしまっても代用することが可能です。

バインドプラグを必要とする受信機はバッテリーバインド端子のマイナスピンと信号ピンをショートさせた状態で電源をONするとバインドモードに入ります。

ですので、バインドプラグはマイナス線と信号線を結んでいる物になります。



電子スイッチ等に使うスイッチプラグもマイナス線と信号線を結んでいる物になりますので、スイッチプラグをバインドプラグ代わりに使いましても、バインドすることが可能です。



逆にバインドプラグをスイッチプラグ代わりに使用する事も可能なので、バインドプラグを有効活用して頂ければと思います。

以上でバインドプラグについての説明を終わります。

ありがとうございました。

2015年2月18日 樽田の日誌 【使い方】

AXISのLIMIT ADJ.(リミットアジャスト)

こんにちは、サービス課の樽田です。

今日は飛行機用ジャイロ「AXIS」を使用するにあたり、皆さんに気を付けて頂きたい事をお話しします。

今回はリミットアジャストの設定に関する事です。

リミットアジャストの設定は送信機のX.BUS GYROの項目を使用して設定するか、Axis Assistantを使いパソコンから設定するかです。

今日は送信機(XG14 ソフトウェアバージョン VER.0001-0006)を使いながらの設定方法を説明します。

まず、送信機と受信機をリンク(通信)状態にして下さい。

次に、送信機のシステムリスト(エンターキーを押しながら電源オン)の3/3ページのX.BUSを開きます。



そしてBUS TYPEをMODE.Aにすると、画面下の方にGYROと出てくるので選択して下さい。



その中の4/5ページを開くとLIMIT ADJ.とSERVO TRAVELの設定が出来る画面が出てきます。

LIMIT ADJ.を設定する場合、STARTにカーソルを合わせてダイヤルを押します。

STARTの表示がCOMPLETEと変わっている間に送信機の各スティックを上下左右の最大角まで動かします。




その後、COMPLETEをダイヤルで押しSTARTに変われば終了になります。(ここまでは取説にも書いてあります)

ですが、この時に1つ知っておいて頂きたい事があります。

例えばSTARTをダイヤルで押し、スティックを動かさないままCOMPLETEを押してしまうと舵が全く効かなくなります。

問い合わせで舵が全く効かないのですが・・・と言う質問があり、LIMIT ADJ.をやり直してもらうと正常に動くようになりました。

このように気付かないうちにSTARTとCOMPLETEを押してしまって舵が反応しなくなるって言う事もありますので、同じような症状が出た人は1度確認してみて下さい。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70

プロフィール

樽田
ラジコンサービス課の樽田(たるた)です。
サポート日誌も始めて3年が経ちました。
後輩も出来て不安な事もたくさんありますが、試行錯誤しながら日々頑張っています。
山野
2013年の6月にJRプロポに入社した山野と言います。
ラジコンサービス課に配属になり、1からラジコンの事を勉強しています。
まだ二十歳の若輩者ですが、早く先輩方に追いつけるように一生懸命頑張ります。